「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ声優交代・・・降板決定と考えると色々思い出しますね。

 

クレヨンしんちゃんの野原しんのすけ役を演じてきた矢島晶子さんが今月の29日で降板すると発表がありました。

子供の頃から見てきたクレヨンしんちゃん。

 

私自身、映画も含めアニメもかなりみていましたが今回のニュースを聞いて涙が溢れる思いです。

声優変更声優交代長い間続いているアニメにはつきものですが

 

27年間野原しんのすけを演じ続けてきた矢島晶子さんには感謝しかありません。

 

なぜ野原しんのすけを降板してしまうのか

 

大人気アニメですし、もはや国民的アニメといってもいいクレヨンしんちゃんですが

 

番組を降板するに当たりなぜ?どうして??という気持ちの方が沢山いることでしょう。

 

現在発表されている本人のコメントでは

 

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。

理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。

キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

 

27年間、ありがとうございました。

 

といった理由のようです。

やはり年齢的な理由で声質の変化や声を出し続けるといった問題も少なからずあるのでしょうか。

 

 

 

次のしんのすけは誰がやるのか?

 

まず降板が決まった時点で気になる点は次の声優さんが誰になるのか?ということですが

 

現在はまだ調整中とのことで公表されていません。

 

まとめ

 

数年前にドラえもんが一気に声優を入れ替えたことを思い出しますね。

クレヨンしんちゃんも声優陣を一斉に入れ替えたりするのか少し気になりますね。

 

ひろし役である藤原啓治さんも療養のため離れていましたが帰ってきてくれる!という安心感もありました。

 

今回は本当に長い間お疲れ様でした。という気持ちでやっぱりちょっぴりファンとしては寂しい気持ちもありますが

子供から大人になるまで野原しんのすけとして声をあてていてくれた矢島晶子さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

この記事を書いていたらヘンダーランドを見たくなった私でした。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です